オートスクリーンの特長

大型機械使用で大量生産に最適。もちろん小ロット対応も可能

オートスクリーンは、量産型の加工方法です。
小ロット生産の手捺染は、生地を固定し、版を扱う職人が手作業で作業を行いますが、オートスクリーンは、版の位置は固定(上下運動のみ)、生地が動きながら捺染を行います。
機械生産ですのでコストを抑えると同時に品質を安定させる事が可能です。
弊社では、1柄(3配色)500mを基本ベースとして対応いたします。
(500mより少量の場合でも、アップチャージにて対応可能です。)

スクリーン捺染に欠かせない製版

製版においては、金属製の枠に細かい網目の紗を張り付け、その上に紫外線を照射すると固まる感光乳剤を塗り付けます。お客様にご用意いただいた柄に合わせて、色糊を通す・通さない部分を作り1色1枚の型を作製していきます。
全ての型を捺染し、組み合わせる事により1つの柄を完成させていきます。
型製作工場とは、柄と素材に合わせて網目のサイズ(メッシュ)を選定して、彫り方の打ち合わせを行っています。

新たな可能性

搭載されたインクを出力するインクジェットプリントとは違い、オートスクリーンは、顔料と染料の併用など、組み合わせて加工する事もできます。その他に抜く(抜染加工)、防ぐ(防抜加工)、生地を溶かす(オパール加工)、材料を膨らます(発泡加工)、グリッターと呼ばれるキラキラした顔料を付ける、箔を貼り付けるための接着剤を付ける事も可能です。加工内容に応じて必要な材料を選択できる事こそが、オートスクリーンの可能性の1つです。
オートスクリーンは、まだまだ新しい技術を期待できる加工方法です。

1版作製

型の仕上がりで、プリントの柄の出方が左右されるため綿密な打ち合わせが必要です。型作製はデータや送りのサイズによって前後しますが、通常7~10日程で作製可能です。

2配色(色校正)

配色とは、お客様が指定した色(色見本)に合わせる作業です。マス見本を作成し、色を配色していきます。
お客様のご要望に合わせて柔軟に対応いたします。

3糊作製

マス見本で決定した色に基づいて、色糊を作製していきます。色糊とは染料と捺染糊・水・助剤を配合したものです。
素材、色、染法により様々な材料を使い分けています。

4プリント

素材に合わせて、スキージ(捺染ゴム)の圧やスピードを選定します。繊細で柄際のシャープな柄、裏毛のように浸透が必要な生地など、多種多様なケースに対応できます。
生地幅は165㎝まで、プリント幅は、150㎝までが対応可能範囲です。

5蒸し

プリントした生地を、染着・発色させる「蒸し」という工程です。
蒸しは素材に適した条件に合わせて「温度・湿度・時間」などを適切に管理する必要があります。

6水洗+整理

水洗いとは、蒸し後の未固着な染料や捺染糊などの不要物を洗い落とす工程です。色落ちを防止する事が目的となります。
整理は、水洗後の生地のシワを取り、風合い出しをする工程です。
その他にも、後加工として撥水やスリップ防止、UV加工など様々な作業を行い、機能的価値を与える事もできます。

7検反+出荷

反物に不良がないかどうか、問題なく仕上がっているかの確認作業が検反です。

染色加工事例はこちら