大本染工の強み

大本染工株式会社は、スクリーン加工やインクジェットプリンターによる染色加工のプロフェッショナルとして、昭和10年(1935年)の創業以来、多くのお客さまとともに多くの製品を世に送り出してきました。

創業時は手捺染(なっせん)と呼ばれる手作業による染色技術が主体で、大本染工も長年にわたって手捺染(なっせん)の技術を蓄積してきました。現在ではその技術を基礎としてスクリーン加工やインクジェットプリンターの導入による多彩な表現を可能とするフルラインを実現しています。

スクリーン加工とインクジェットプリンターによる加工には、それぞれのよさがあります。またそれぞれの加工技術でないと表現できないような意匠や表現があります。大本染工ではそれぞれの技術を蓄積し、お客さまのご要望に最適な方法をご提案いたします。