ファッションの本場、ヨーロッパではテキスタイル(材料)の地位がとても高いのですが、日本ではデザインなど表層への関心が高い傾向があるので、テキスタイルへの関心があまり高くないように感じます。しかし、ファッションを究めるのであればテキスタイルへのこだわりは重要ですし、そこからしか本当に良いものは生まれません。大本染工はこのテキスタイルのプロになれる会社なので、その奥の深さに面白さを感じて欲しいと思っています。

もちろんファッション関連だけでなく、染められるもの、印刷できるものであれば何でも取り組んでいきたいと本気で考えている会社です。まだ隠れているかもしれない、皆さまのイマジネーションや可能性を、私たちと一緒に開花させてみませんか?