大本染工の強み

スクリーンとインクジェット、それぞれのよさを融合

大本染工株式会社は、スクリーン加工やインクジェットプリンターによる染色加工のプロフェッショナルとして、昭和10年(1935年)の創業以来、多くのお客さまとともに多くの製品を世に送り出してきました。

創業時は手捺染(なっせん)と呼ばれる手作業による染色技術が主体で、大本染工も長年にわたって手捺染(なっせん)の技術を蓄積してきました。現在ではその技術を基礎としてスクリーン加工やインクジェットプリンターの導入による多彩な表現を可能とするフルラインを実現しています。

スクリーン加工とインクジェットプリンターによる加工には、それぞれのよさがあります。またそれぞれの加工技術でないと表現できないような意匠や表現があります。大本染工ではそれぞれの技術を蓄積し、お客さまのご要望に最適な方法をご提案いたします。

大本染工にご注文をいただくだけで、スクリーンとインクジェットそれぞれの「いいところ取り」をしたご提案をおこない、それに基づく染色加工が可能であるため、お客さまからも高い評価をいただいております。

有名ブランドなどだれもが知っている製品にも多数の採用例

守秘義務により実名はご案内できませんが、おかげさまで大本染工の製品は世界的な有名ブランドをはじめ、多くのファッションブランドにも採用されています。もちろん今も多くの製品がブランドショップや百貨店などの店頭に並んでおり、消費者の方々からも高い評価をいただいております。

それぞれのブランドには世界観や表現があり、それを正確に再現することは決して簡単ではありません。高級ブランドともなるとこだわりもより繊細なものとなるため、私たち大本染工に寄せられる期待も大きくなります。大本染工ではこれまでに蓄積してきた技術力に加えて、お客さまのご要望やイメージを正確に把握するためのコミュニケーションも重視しており、より高いレベルでお客さまのご要望を形にいたします。

多彩な染法であらゆる素材への高度な表現力を実現

染色の世界では素材や顔料、そして染色そのものの技術などが劇的に進化しており、それにともなって表現力も格段に向上しています。以前であればできなかったことが可能になり、また以前であれば膨大なコストを要した染色加工のコストが下がることによって裾野が広がるなど、染色の可能性はどんどん広がっています。

染色加工のプロフェッショナルとして、大本染工もこうした時代の流れに呼応し、常に新しい情報や技術を採り入れることにより、ご提案の幅を広げることに努めています。

表現の多様性に加えて、近年では小ロット多品種、そして低コストというきめ細かなサービスへのニーズも高くなっています。もちろん大本染工ではこうした時代のニーズにもしっかりおこたえをすることで、染色のことなら何でも聞ける、安心してまかせられる担い手でありつづけたいと考えております。

熟練のスタッフと自社ネットワークがお客さまのニーズを形にいたします

蓄積された技術と、設備の充実。よい製品を世に送り出すためには、これに加えて熟練のスタッフという人的資源の充実も不可欠です。創業時より手捺染(なっせん)で蓄積してきた技術に加えてスクリーン加工、そしてインクジェットプリンターによる加工といったように染色の技術は変遷をつづけています。大本染工にはそれぞれの分野に熟練のスタッフを配し、技術の継承と研鑽(けんさん)をつづけています。

お客さまのご要望を実現するためには、自社内だけではなく社外のネットワークも大いに活用をしています。たとえば大本染工の社内では反物への染色をおこなっておりますが、Tシャツそのものに染色加工をご希望の場合でも、それを得意とする工場との協力により、技術面、コスト面で優位性のあるサービスをご提供させていただきます。

時には、「他社でできなかった」「他社ではコストがあわなかった」という理由でご相談をいただくこともあります。そんなケースも含めて、あらゆるご相談、ご要望を形にいたしますので、難しいご相談ほど、ぜひ大本染工にご相談をいただければと思います。

染色加工で課題をお持ちのみなさまへ

染色加工というとファッション関連製品というイメージが強いですが、大本染工ではそれだけにとらわれない自由な発想で、あらゆる製品の染色加工をおまかせいただいています。重要文化財関連や御朱印帳といった格式の高いもの、のれん、のぼり、土産物、カーシート、さらにはテレビ撮影のスタジオセットなどにも多くの事例があります。

もちろんこうした数々の製品は、最初から商品ラインナップになっていたわけではありません。過去に前例のないようなご相談、ご要望をお客さまからいただき、それを形にしてきた結果、このように幅広い製品を手がけるようになりました。なかには「むちゃぶり」ともいえるようなご要望もありますが、それこそが私たちに対する期待値であるととらえ、実現できる方法を皆で考えるという取り組みをつづけてきました。

これからも私たち大本染工は、新しいものをお客さまと一緒に考え、創り、それを楽しんでいきたいと考えております。