生地のデジタルプリント 小ロットで低コスト 京都の大本染工にお任せください!

ナビゲーション

染色加工技術紹介
トップページ > 染色加工技術紹介
染色加工技術紹介
染色加工のことなら当社にお任せください!
短期間での納品や小ロットのご相談など、お客様の様々なご要望に幅広くお応えしております。また、多様な技術をよりいっそう活用していただくための、デザイン・配色のご提案もさせていただいております。ニットプリントの経験も豊富で、天然繊維の服地はもちろん、PE/PUの水着やスポーツアパレルなどのプリントは、当社の主力商品のひとつです。
素材や染方法、特殊加工などの加工技術については[詳しく見る]をクリックしてください。
詳しく見る
染色加工の流れ
生地入荷
精錬されたP下生地を受入します。
写真
製版
(1)トレース:お客様から預かった原画をスキャナでPCに取り込みCGトレースをします。
(2)紗張り:アルミ製の型枠に合成繊維製の薄い紗を張りつけます。
(3)ダイレクト製版出力:紗張りされた型枠に感光剤を塗布して原版とし、これにCGトレースのデータを直接出力します。この後、紫外線で焼き付けを行います。
(4)水洗現像:感光剤の特性で光の当たったところが固まり、それ以外が水洗により流れ落ちるためパターンが焼き付きます。
(5)絵刷り:お客様からの依頼通りに製版が出来ているかどうか試し刷りをし、スクリーン型の仕上がりをチェックします。
見本
色確認用のサンプルを作ります。
プリント
依頼に応じたプリントをします。
蒸し
プリントした生地を蒸気で加熱し、染料を染着させます。
整理工場
水洗・ソーピング
余分な糊や染料を洗い落とし、洗剤や還元剤などで堅牢度や風合いを良くします。
整理仕上げ
テンターにより生地巾を調整します。
検反・巻取り
生地難や染め難が無いかを検査し、長さを測定します。
包装・出荷
整理工場よりビニール包装を行い出荷します。
ページトップへ

テキストリンク