染色加工技術

デジタルプリントの特徴

超繊細

繊維上では知覚的にほぼ限界の高解像度でのプリントが可能です。スクリーンでは得ることのできない、スッキリとした感じに仕上がります。
その精細さから、モチーフの微妙な質感の表現は、デジタルプリント(IJP)の真骨頂です。写真調の柄はもちろんのこと、例えば水彩画などの絵画、マーブル、民芸、毛皮、先染めといった微妙なテクスチャを「間近での鑑賞に堪える自然さ」をもって再現できます。

サイズ無制限

画像データに送りをつけることでエンドレスに柄を送れます。柄サイズに制限はありませんので、ハガキサイズの絵を繰り返しプリントすることも、大きな垂れ幕をプリントすることも可能です。

製版が不要

従来のスクリーン捺染のように捺染型の製作の必要がありませんので、その分の時間や費用を削減することができます。 また、捺染型に依存されませんので色数や送りピッチが事実上無制限となり、微妙なグラデーションや多彩な色柄作成が可能です。

染料プリント

反応・分散染料でプリントするため、顔料でプリントするのとは違い、風合いが損なわれる事はありません。

1前処理

生地に前処理糊を塗布する工程です。
こちらは、柄ギワの滲み防止や発色を良くする為に行います。

弊社は前処理方法として、広幅でも対応可能な量産型の前処理機と、生地の歪みを抑える、またはニットの生地収縮の荒れを軽減するなど、デリケートな生地を扱う時に使用する、手捺染台との2タイプがあります。

2プリント

インクジェットの特徴は、版を使用せず生地に直接接触せずに、インクを吹き付けてプリントすることです。
小ロット対応ができ、多色やグラデーションなどの繊細なデータをそのままに表現する事が可能です。

3蒸し

プリントした生地を、染着・発色させる工程が、蒸しになります。
蒸しは、温度・湿度・時間など素材ごとに適した条件に合わせて対応する必要があります。

4水洗

水洗とは、蒸し後の未固着な染料や前処理剤などの不要物を洗い落とす工程です。色落ちを防止することが目的となります。

5整理

整理は、水洗後の生地のシワを取り、風合いだしをする工程です。
その他にも、後加工として撥水やスリップ防止、UV加工など様々な作業も行い、機能的価値を付与することができます。

6検反+出荷

反物に不良が無いかどうか、問題なく仕上がっているかの確認作業が検反となります。